人気ブログランキング |

筑波山登頂成功!!

こんにちは!こんばんは!

一之江店店長こと、KoB@です♪


本当は今日はブログの更新の番ではなかった

のですが、昨日のことをどうしても

報告したかったので、ブログを書かせて

もらいます。


内容は、、、



おひとり様企画!!



目指せ!筑波山山頂!!

~荒々しい男になる為に~



8月某日、KoB@は考えていました。

今年も何かに挑戦しよう。。

毎年一つは何かに挑戦して自分が成長

することを目標にしている自分は

今年も何かにTRYしようと考えていました。


昨年はマラソンに挑戦していました。

目指すは家から80キロ離れた、筑波山まで

走って行くという挑戦でした。

しかし挑戦一ヶ月前にトレーニング中に膝を

痛めて断念、、

最高距離30キロが限界でした。



そして今年はどうしようと考えていたとき、

思いました。

筑波山に今度こそ登りたい、、

頂上からガイア(地球)の息吹を感じて

パワーをもらいたい。。

そして荒々しい男になりたい。。

そう思い、来る8月19日(火)に挑戦しよう。

そう決断しました。


登山は三回目。

初登山、2011年9月 富士登山登頂成功!

f0193680_1050576.jpg


同じく2011年9月 高尾山登頂成功。

f0193680_10522755.jpg


初登山で山の魅力にとりつかれたKoB@でしたが

高尾山を登頂してから、しばらくブランクが

続いていました。


だから今年は筑波山にいって山からガイアから

パワーを貰おうと考えました。



まず準備物、

f0193680_10525962.jpg


もちろん、折り畳み傘とレインウェアもザックに入ってます。

登山靴もOK!

準備は万端です!


朝5時に起床

6時に地元行徳を出発!

北千住からつくばエクスプレスで筑波駅に

8時に到着。

f0193680_10525550.jpg


それから筑波山行きシャトルバスで

8時50分に筑波山登山口がある

筑波山神社に到着しました。

f0193680_1053342.jpg



それでは今日のルートをご説明しましょう♪


f0193680_10543758.jpg



スタートから御幸ヶ原(みゆきがはら)コース

を登って行きます。向かって地図上では青い道です。

予定タイムは90分。

ゴールの御幸ヶ原には休憩所があります。

この御幸ヶ原は下からケーブルカーも

通っており、楽にここまで来ることも可能です。


そこから男体山山頂(871m)と

女体山山頂(877m)の二つのピークに

分かれています。

そのふたつの山頂を経て

白雲橋コース(予定タイム1時間)で

下山というルートで挑戦します。

地図上では向かって左のオレンジ色の道です。


まずは、筑波山神社でご挨拶。

無事に登れますように。。


さぁ、この鳥居をくぐれば出発です!

f0193680_105513.jpg


コースも間違いない。

f0193680_11493271.jpg


しばらく行くと、筑波山から

誘惑という試練を与えられますw

f0193680_112135.jpg


さぁ、あなたはどちらを選びますか・・?

楽な道か、、

いばらの道か、、

選択なさい・・・



もちろん、いばらの道だ!

俺を誰だと思っている!

俺は荒々しい男だ!


そう筑波山に伝え、


左のケーブルカー・・




・・ではなく右のいばらの道

を進みましたw

ここからはまるでもののけ姫に出てきそうな

風景が続きます。

f0193680_113269.jpg


f0193680_113412.jpg


f0193680_114644.jpg


そんな筑波山ですが

次第に山は荒々しい男に

その牙を剥いてきます。

f0193680_1152736.jpg


高尾山と違って岩が多く、

場所によってはよじ登るような

ところもありました。

次第に筑波山は荒々しい男の体力を奪い、

持ってきた水分もなくなり、

早く登らないと熱中症になってしまう・・

そんな恐怖にさいなまれました。

時計に出ている高度計は750mを指しています。

もう少し、あと少し、と

残りの気力を振り絞りました。

あとちょっとというとき目の前に

そんな気力を奪う光景が伸びていました。

f0193680_1145529.jpg


写真ではわからないと思いますが、

この階段、上りやすそうですが、

だんだんと傾斜がきつくなり、

それが遥か彼方まで続いてます。

遥か先まで階段が続いているのが

見えるからこそきついんです。

膝も岩によって疲労で笑っているところに

この階段はきついです。

最後の気力を振り絞りました。



=もう一段飛ばしをする体力はないけど、

一歩一歩ゆっくりでも前に進めば、

目指すところに必ず辿り着ける=


そう自分に言い聞かせて進みました。


そして予定タイムより早い65分で

御幸ヶ原に辿り着きました♪


f0193680_1163619.jpg


f0193680_1171447.jpg



景色が本当に綺麗でした!


ここで、茶屋で恒例のアレを頂きましたw


f0193680_1174843.jpg



本当に美味しかった。。。(泣)


一之江店の茨城出身の篠崎さんから

聞いていたのですが

回転するレストランも実際にありました。


f0193680_117452.jpg



コマ展望台

今日は回っていませんでしたが、コマのように

回転するからコマ展望台なのでしょう。

ここで昼食をとりました。

もちろんカツカレー!


f0193680_11941.jpg



食べ終わった後ですいませんw

お腹空いていて、食べることに夢中で

食べる前の写真撮るの忘れていましたw

食べ終わったら屋上に出て

景色を眺めてみました。


f0193680_1193332.jpg


f0193680_1195752.jpg


ここで一時間ぐらい休憩したあと

出発です。


f0193680_11111589.jpg



男体山山頂と女体山山頂への分岐が左右で

分かれています。

コマ展望台を背に左に行けば男体山

右に行けば女体山です。

まずは男体山にチャレンジ!


f0193680_11113399.jpg



始まって早々、これかよ・・


本当にきつい、

そんなことを思っていると

前からファミリーが降りてきました。

よく見ると小さな子が・・


f0193680_11121382.jpg



あんな小さな子も、自分より大きいかもしれない

この岩場を登ったのか・・

そう思ったら、荒々しい男に火が付きました。



よじ登りよじ登り、していると

途中で植物を発見!


f0193680_11131518.jpg



しおれかかっていますが、どうやら

カタクリという花みたいです。

違っていたらすいません。

しばらく進むと分岐がありました。


f0193680_11125214.jpg



右に行くともうすぐ男体山山頂です。

左はなんも標識も出ていなかったので、

順路通りに右に行きました。

でも左の道は階段もあり気になるなー。。

右の道を5分ほど進むと到着しました!!


f0193680_11133217.jpg



男体山山頂871m!


記念に自分撮りでパシャリ。


f0193680_11135363.jpg



山頂には小さな神社がありました。

しかも神主さんのような方もいました。

そして来た道を戻ります。

じつはこの男体山、中腹をぐるっと一周回る

自然研究路コースもあるのです。

どうせなら一周しようと思い

その周回コースの入り口に入る為にしばらく

戻ります。

さあ自然研究路コースに戻りしばらく歩き

始めました。

途中木をくぐるところも。。


f0193680_11142681.jpg



っとここでアクシデント!


f0193680_11145621.jpg



通行止め。。。


そういえば案内板に自然研究路は

一部通行止めと書いてあったっけ。

どうやら土砂崩れがあったみたいです。

土砂崩れの先に本来の道と階段が続いています。

諦めていると右に迂回路がありました。

なんだ、行けるじゃん!

さすが男体山さん!あなたも荒々しいですね!

そう言いしばらく歩くと見覚えのある

光景が。。。


f0193680_11154935.jpg



これさっきも来た分岐だ、

右が男体山山頂、左が分からない道だ。

これも男体山の導きだ、どうしても僕を

左の道に行かせたいみたいだな。。

そう受け止めた荒々しい男は左の道を

進みました。

道はだんだん狭くなっていき

細い岩場の道を登ると

そこには思わぬ光景が広がっていました!!


f0193680_11163566.jpg



切り立った岩場から眺められるこの光景!!

とても狭い切り立った岩場です。

年配の方が先に1人いました。

感じ的には、ここはこの方の隠れ家的のような

場所なのでしょうか。

この秘密の場所の主のような雰囲気を

かもしだしています。


男体山からの導きで思わぬ光景と出会えた

荒々しい男は、また御幸ヶ原に戻りました。


f0193680_1117671.jpg



ちょうどそこにケーブルカーも到着していました。


f0193680_11173839.jpg



さあいよいよ、女体山山頂にアタックです!


f0193680_1119021.jpg



女体山山頂が本当のピークで877mです。

そして今回目的とする景色も女体山山頂に

あります!

みなさんも絶対あの景色を見たら感動しますよw

それを皆さんにお見せするということも

荒々しい男の使命だと思っています♪


道の途中お友達と出会いました!


f0193680_11193361.jpg



「トカゲさん♪こんにちは!

荒々しい男ですよ」



さらに道を進むと奇石の一つ

ガマ石がありました。


f0193680_11202164.jpg



ガマの油はこれからきてるのかな・・

口をあけた岩がガマに似ていることから

ガマ石と名付けられ、

この口の中に石を投げいれると

良い事があるとか・・

もちろん入れてきました。


そして分岐点、


f0193680_1122011.jpg



右に行けば女体山山頂です。


f0193680_11215179.jpg



最後の岩場を登って行くと

山頂の標識が見えてきました!!


f0193680_11222472.jpg



そして目的としてきた景色が

目の前に広がっていました(泣)





f0193680_1123069.jpg








この切り立った岩場から眺められるこの景色

本当に感動します。


f0193680_11295459.jpg



日本じゃないみたいです。


f0193680_11253892.jpg



下にはケーブルカーも見えます。


f0193680_112731.jpg



さっきまでいた御幸ヶ原があんなに

小さく見えます↓↓


f0193680_1127761.jpg



ここで記念写真!

近くに1人で来ていた年配の男性の方に

お願いして撮ってもらいました。


f0193680_11275581.jpg



この岩場、そんなに広くもなく

柵も無いので注意しましょう。

どんだけ高いかというと

こんな感じ↓


f0193680_1128897.jpg



・・と、ここでまたお友達を発見!!



f0193680_11275465.jpg




「キアゲハさん!こんにちは!

 荒々しい男ですよ~!」



この絶景忘れられません。



皆さんパノラマでどうぞ↓↓





f0193680_1129635.jpg





一時間ほどここに居座り

ガイア(地球)の意思を感じていました。


ガイアは人間の味方でも何の味方でもなく

ただそこに存在していて

万物を創造しつづけている。

僕らはそこに住まわせてもらっていて

生かされているという事。

そんな自然とガイアに感謝しながら

ここを後にしました。





さあここから筑波山神社を目指して下山です。

白雲橋コースは最初かなりの急な岩場があり

しかも足場の岩も滑りやすい為

気を付けなければ滑落しそうです。

手袋をして岩場や鎖をつかまりながら

慎重に降りていきます。


f0193680_11315971.jpg



無事下山出来るまでが登山です!

実は下りの方が登山は危険なのです。

気を抜かないようにします。


実はこの白雲橋コースは

とても見どころの奇石がたくさんあります。

まずはこちらの北斗岩↓


f0193680_1132446.jpg



この中をくぐっていきます。

つづいてこれ、

母の胎内くぐり↓


f0193680_1133775.jpg



そして一番凄かった、弁慶七戻り↓



f0193680_11335072.jpg




これは岩が落ちそうで、あの弁慶も

七戻りしたと言われている岩です。

弁慶ですらビビった、この岩の下を

荒々しい男はいとも簡単に

くぐっていきます。




f0193680_11343096.jpg




まだたくさんありましたが、

急斜面の岩場があり、気を抜けなかった

ので写真を撮らなかったところも

あります。


f0193680_1135351.jpg




ここで分岐がありました。



f0193680_11352677.jpg




さすがに疲れが溜まって来ていました。

もちろんこの道は右です。



f0193680_11364844.jpg




さすがに下りの方が足に負担がかかり

左ひざが悲鳴をあげていました。

登りよりきついかも、、

しっかりと足場を選定して進まないと

足を岩場にとられるので集中して

降りていきます。


f0193680_1138032.jpg



でも自然はとても綺麗です。


f0193680_11375170.jpg






一時間ほど下り、

やっと見えてきました。

出口の鳥居!!



f0193680_11381512.jpg



f0193680_11395941.jpg





やったー無事下山しました!!


f0193680_11392992.jpg



時間は午後3時。


9時から登り始めて約6時間の旅でした。


筑波山神社で再び今日のお礼を言って

帰路につきました♪



いかがでしたか?


みなさんも筑波山に行きたくなりませんか?


もしくは行った気になれませんでしたか?


今後も一之江店店長KoB@こと


荒々しい男は様々な山に行く予定です!!


こうご期待下さい♪♪


= 追伸、去年家から筑波山山頂まで、
    走って行かなくて良かったです・・・無理ですw =

by HairDressingZele | 2014-08-20 12:50 | KoB@の登山日記