人気ブログランキング |

カテゴリ:KoB@の登山日記( 11 )

みなさんこんにちは!

ナチュラリストKoB@です!


今回は、北岳 最終回 

第五部 [北岳にお別れを] をお送りします!




まだ過去の日記を見ていない方はこちらからどうぞ ↓

北岳 第一部 [白根御池小屋を目指して!]  ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354508/
北岳 第二部 [肩の小屋を目指して!] ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354550/
北岳 第三部 [北岳山頂を目指して!] ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354597/
北岳 第四部 [ご来光] ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354699/





最終日の朝に幻想的なガイアの景色を見て

名残惜しいですが、そろそろ

北岳にお別れを言わなければいけません。




8月5日午前7時、下山を開始しました↓



f0193680_21283017.jpg




登るときよりも下るときの方が怖いものです。


あの岩場もそうでした↓



f0193680_21285390.jpg




目に焼き付けるかのように景色を眺め

ながら下ります。



f0193680_21292989.jpg




さようなら南アルプス、



f0193680_21295458.jpg




さようなら北岳



f0193680_21301987.jpg



f0193680_21303573.jpg



f0193680_21305247.jpg






だんだんと標高が下がってくると

木が生い茂ってきます↓


f0193680_21311130.jpg




ふと見上げると北岳の山頂付近が見えます。


さっきまであの辺にいたんだような・・・↓



f0193680_21313618.jpg





肩の小屋からも見えていたんですが、

まだ残雪が残っていました↓



f0193680_2132862.jpg





残雪の雪解け水が小川に流れています↓



f0193680_21322858.jpg




川沿いを歩いて下ります↓



f0193680_21325220.jpg




ここにも残雪がありました。

まるで氷河みたいです。

写真の下に人が写っていますが、

見比べればどのくらい大きいかが

分かると思います↓



f0193680_2133166.jpg





ときおり高山植物にも出会います↓




f0193680_21334261.jpg





もうそろそろ林に入ってしまいます。

南アルプスの景色にお別れを告げました↓



f0193680_2134920.jpg




林の中に突入です↓



f0193680_21344147.jpg





林の中を進むと


南アルプスの天然水が流れています。



f0193680_21351999.jpg




これから南アルプスの天然水を飲むときは


思い出してしまうかもしれませんw↓



f0193680_21354019.jpg





林の中に涼しい休憩場所を見つけました↓



f0193680_2136250.jpg




水の流れが綺麗です↓



f0193680_21362419.jpg




f0193680_21364388.jpg





そして12時40分


一日目に渡った吊り橋が見えてきました↓



f0193680_21371230.jpg




南アルプスよ・・さようなら↓



f0193680_21373516.jpg




午後1時に無事広河原山荘に到着し、


そこから温泉を目指してジャンボタクシーで


目指します↓



f0193680_21375843.jpg




2日ぶりのお風呂に浸かり

汗を流しました。



そして甲府駅に到着しました↓



f0193680_21382316.jpg




甲府5時27分発のかいじ120号に乗り

東京新宿を目指します↓



f0193680_2139644.jpg




車窓から甲府の山々が見えました↓



f0193680_2139249.jpg




こんかいナチュラリストKoB@は

確かにガイアの息吹を感じる事が出来ました。

みなさんもぜひ一度アルプスに行ってみて下さい♪



価値観が変わりますよ。

そして人間はどんなに文明を発達させても

どんなに偉い人になったとしても

自然に、ガイアに、生かされている存在なんだと

いうことを感じる事が出来ると思います。



おっと忘れてました、ちゃんと今回はバッジを

手に入れました!



f0193680_2139581.jpg




8つも買ってしまいましたww


またそのうちどっか登りますので、

みなさんぜひお楽しみに!



そして全5部を最後まで見て頂き

ありがとうございました☆



山って本当に素晴らしいですね!

それではみなさん

さよなら!さよなら!さよなら!



f0193680_21411849.jpg

by HairDressingZele | 2015-08-15 20:00 | KoB@の登山日記 | Comments(0)

みなさんこんにちは!

ナチュラリストKoB@です!


今回も引き続き、


北岳 第四部 [ご来光] をお届けします!




まだ過去の日記を見ていない方はこちらからどうぞ ↓

北岳 第一部 [白根御池小屋を目指して!]  ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354508/
北岳 第二部 [肩の小屋を目指して!] ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354550/
北岳 第三部 [北岳山頂を目指して!] ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354597/






北岳ツアーもいよいよ最終日になりました!!


この日はご来光を見る為に朝4時に起床です!



眠い目をこすり小屋を出ると

今まで見たことのないような景色が

広がっていました!!


まるで天空の城ラピュタにいるかのような・・・



f0193680_213427.jpg




そして富士山の方を見てみると


すごい光景が広がっていました↓



f0193680_2141491.jpg





まさしく赤富士です!!

富士山に登っている人も今頃あの上で

ご来光を待っていることでしょう!!

自分も4年前、あそこで

ご来光を待ってました。


しばらく雲海に浮かぶ山々をご覧ください↓



f0193680_2144244.jpg




f0193680_215356.jpg




f0193680_2153388.jpg




f0193680_215543.jpg




f0193680_2161531.jpg






そして4時50分

ご来光です↓




f0193680_2163995.jpg






f0193680_2165989.jpg







富士山と記念写真を撮りました。

合成写真じゃないですよw↓



f0193680_2172387.jpg




だんだんと日が昇ってくるたびに

やまやまの顔が変わってきます。


写真を撮っても撮っても、きりがありません↓




f0193680_2175413.jpg



f0193680_2181767.jpg



f0193680_211197.jpg



f0193680_21115697.jpg



f0193680_21124131.jpg



f0193680_2113109.jpg




現時点ですでに写真は900枚撮ってましたw

そんだけとっても撮り足りないくらい

幻想的な風景でした。



f0193680_21134820.jpg




まさしくガイアの夜明けです!



f0193680_2114149.jpg




そして6時に朝食をとりました↓



f0193680_21143524.jpg





あの男性の方は

やはり北岳盛りを食べていましたw


すごいです!



小屋から出ると日はもうすっかりあがり

そらもだいぶ青くなっていました!

そろそろこの景色ともお別れです。

下山準備をしながら最後に

目に焼き付けるように景色を撮りました↓




f0193680_2115749.jpg



f0193680_21152659.jpg






午前7時、準備体操をして下山を開始します。


2日かけて登ってきた行程を一気に下ります。




第4部はここで終わりです。


次回の更新は明日、

いよいよ最終回になります。


第五部 [北岳にお別れを] をお送りします!


こうご期待!!




f0193680_2116664.jpg

by HairDressingZele | 2015-08-14 20:00 | KoB@の登山日記 | Comments(2)

こんにちはナチュラリストKoB@です!


今回は前回に引き続き


北岳 第三部 [北岳山頂を目指して!]


をお送りします!



まだ過去の日記を見ていない方はこちらからどうぞ ↓

北岳 第一部 [白根御池小屋を目指して!!]  ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354508/
北岳 第二部 [肩の小屋を目指して!] ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354550/






無事二日目の午前10時に肩の小屋に到着した


KoB@とM氏はいよいよ北岳山頂を目指して


出発します!!


岩場の登りが永遠と続く中、

天気が崩れないことを願いながら進みます↓



f0193680_2035423.jpg




振り返るとさっきまでいた肩の小屋が


あんなに小さく見えます↓



f0193680_20352535.jpg





表札に従いながら進みます↓




f0193680_20354222.jpg





途中はやはり選ばれしものを選ぶように


岩場が立ちはだかります↓



f0193680_203655.jpg





しかしナチュラリストはまったく動じずに進みます↓



f0193680_20362941.jpg





山頂付近が見えてきました↓




f0193680_20364811.jpg





あと少しです↓




f0193680_2037573.jpg





そして8月4日午前11時20分


ナチュラリストKoB@は北岳山頂を制しました!!


↓↓↓↓




f0193680_20372659.jpg







景色はあいにくガスっていて


あまり見えませんでした・・・↓



f0193680_20374763.jpg




でも山はこれだから面白い!



f0193680_2038324.jpg




いつもいつも受け入れてくれるわけではないのです!



f0193680_20384773.jpg




しばらく山頂を堪能してから


肩の小屋に戻りました!



そしてお楽しみのこれ↓



f0193680_2039520.jpg




生ビール900円ですww


しょうがないんです、ヘリで輸送しているから

高いんです。。


山はこんなもんでしょう!



ここで山岳ガイドさんと記念写真を撮りました!


明るくて親切な方でした↓




f0193680_20392652.jpg





肩の小屋から景色を眺めていると


仙丈ケ岳が見えました↓




f0193680_20394796.jpg





そんなこんなをしていると夕食の時間です!

時間は午後4時50分

美味しそうです!!↓




f0193680_20402454.jpg





一緒のツアーに参加していた40代後半くらいの

男性の方がすごい量のごはんを食べていました!




山小屋の人「白いごはんとお味噌しるはおかわり自由で、、」


男性の方「おかわり!!」


KoB@(早っっ!!)


山小屋の人「量はどうしますか?」


男性の方「北岳盛りでっ!!」



まさしく、てんこ盛りのごはんが出てきましたww


僕は50代くらいの女性人たちと同じテーブルでした。


そしてこう言われました。


女性①「お兄さん、私ごはんこんなに食べれないから

     すこし食べてくれる?」


KoB@「いいんですか?ありがとうございます」



女性②「お兄さん、私のも食べて!」


女性③「私のも食べれる?」


女性①「ついでにお魚とお味噌汁もあげる」


KoB@「あっ、ありがとうございます・・w」


女性①「そのかわりお兄さんのお漬物はもらって良い?」



KoB@「どうぞ、、、w」



気づいたら僕の白いごはんも北岳盛りに


なっていましたw


モテ期かな、、、w



夕食が終わり外に出ると夕日が


幻想的な景色をつくりだしていました。


ノーカットでご覧ください↓



f0193680_20415479.jpg




f0193680_20421663.jpg




f0193680_2042428.jpg




f0193680_2043177.jpg




f0193680_20431851.jpg




f0193680_20434397.jpg




f0193680_2044049.jpg




f0193680_20442146.jpg




f0193680_20443719.jpg




f0193680_20445853.jpg




f0193680_20451475.jpg




f0193680_20455216.jpg





いかがだったでしょうか?


二日目はこれで終了です!


次回の更新は明日、

第四部 [ご来光] をお届けします!


凄い景色をお届けしますのでこうご期待!!!




f0193680_20461468.jpg

by HairDressingZele | 2015-08-13 20:00 | KoB@の登山日記 | Comments(0)

こんにちはナチュラリストKoB@です!!


今回は前回に引き続き


北岳 第二部 [肩の小屋を目指して!]


をお送りします!


まだ過去の日記を見ていない方はこちらからどうぞ ↓

北岳 第一部 [白根御池小屋を目指して!]  ↓
http://zelezele.exblog.jp/24354508/





二日目の朝は4時に起床、五時に朝食をとりました↓




f0193680_2013841.jpg





朝食をとりおえて外にでると


昼間に見た景色とはまた違った山々を見ることが


出来ました↓




f0193680_20132560.jpg





テント泊の人たちは寒くなかったのでしょうか↓




f0193680_20134921.jpg





しばらくすると太陽が見えてきました↓




f0193680_2014171.jpg





朝6時、まわりもだんだん明るくなり、


見渡すとこれから登る北岳山頂付近が見えてきました↓




f0193680_20144695.jpg





準備体操をしていざ出発です!


目指すは3010mにある肩の小屋です!



だんだんとアルプスっぽくなってきました↓




f0193680_20151620.jpg





これから草すべりというお花畑の坂を登って行きます↓




f0193680_20154388.jpg





なんかワクワクする階段もありました↓




f0193680_201631.jpg





ここで分岐。

もちろん肩の小屋を目指して右に行きます↓




f0193680_2016257.jpg





緑と青のコントラストが綺麗です↓




f0193680_20164615.jpg





休憩場所でふと見渡すと、


アルプスの風景が飛び込んできました↓



f0193680_20171235.jpg




心がぞわぞわしながら歩いていると

ここでもまた表札が、、

なんか味が出ていますw



f0193680_20174784.jpg





しばらく歩いて行くと事前に他人のブログで

リサーチしていた風景が実際に現れました↓




f0193680_20185871.jpg





だんだんとゴツゴツした岩場になってきました↓




f0193680_20191828.jpg





なんか向こう側にデカい岩場の登りがあるな・・



f0193680_20195756.jpg




だんだんと近づいてくる・・・↓




f0193680_20202229.jpg





えっ!


これ登るんっすか!?


いいねぇ~!こういうの求めていました!!


登る順番待ちをしていたら北岳山頂付近が見えました↓



f0193680_20205920.jpg




そしていざ登って行きます!!

クリフハンガーみたいだw↓




f0193680_20212797.jpg





誰かが手を滑らしたらすぐに掴めるように

KoB@はシュミレーションをしながら登っていました↓



f0193680_2021554.jpg





無事登り終えるとまた景色が広がっていました↓




f0193680_20223236.jpg





肩の小屋まであと15分ほどみたいです↓




f0193680_2023697.jpg





肩の小屋が見えてきました↓




f0193680_20232659.jpg





そして午前10時に無事、肩の小屋(3010m)

に到着しました↓




f0193680_20235261.jpg





小屋の中はこんな感じのところもありました↓




f0193680_20241839.jpg





二日目はここで宿泊するのですが、このまま昼食のお弁当を


食べてから一気に山頂を目指します!



第二部はここまでです!


次回の更新は明日

第三部 [北岳山頂を目指して!] をお送りします!



そして雄大な夕日をお送りします!!

こうご期待!!



f0193680_20251612.jpg

by HairDressingZele | 2015-08-12 20:00 | KoB@の登山日記 | Comments(0)

北岳 第一部 [白根御池小屋を目指して!]



皆さんこんにちは、こんばんわ!!

一之江店店長のナチュラリストことKoB@です☆

先日8月3日~8月5日まで夏休みを使って

南アルプスの北岳に行ってまいりました!!


みなさん、北岳ってご存知ですか?


日本で二番目に高い山で3192mあります!!

意外と世間では知られてないですね!

日本で一番高い富士山が有名すぎるのでしょうw


ナチュラリストとしてアルプスは絶対に体験しておきたいと

思い、この機会を使っていかせていただきました!


今回は初のアルプスともあって不安もあったので

クラブツーリズムのツアーで二泊三日で行ってきました!!


もちろんM氏も一緒ですw


そこでは信じられないように幻想的な景色を写真で

おさめることができました!!

ただこのブログで全部をのせてしまうと

あまりにも長くなりすぎるw


スタッフSさんの親御様にも長いとご指摘を頂いているので

今回は5部構成にさせて頂きますw


長いには変わりないじゃんっと突っ込まれそうです。

でも期待を裏切らない写真をお見せしますので写真だけでも

5部全部見てみて下さいませ。




まず8月3日、新宿に朝7時40分集合しました!



f0193680_2002061.jpg




うーん年齢層が自分たちより全然高い。

参加していいんだろうかw

そんな不安に駆られながら出発しました。



f0193680_2005171.jpg





添乗員さんが旗を持って先頭を歩いています。

その後ろを僕たち25人がぞろぞろ歩いて

付いて行きます。

まるでサザエさんみたいだww

まわりの人がみんなジロジロ見てきます。

そりゃそうですよね、新宿駅に大荷物を背負った

25人が歩いてるんですからw


8時ちょうどにスーパーあずさに乗り

いざ出発です!!




f0193680_2012685.jpg





9時28分に甲府に到着して、ジャンボタクシー三台で

そこから約1時間ほどかけて広河原山荘を目指します。




f0193680_2015169.jpg





広河原山荘(1520m)に到着してここで昼食!


っと思ったら昼食買ってくるのを忘れていた


KoB@とM氏w


どうしようか、、

とりあえず行動食食べよっか!


ということで早くも行動食のカロリーメイトなどを


食べてしまいましたw



昼食も食べたところでまず一日目は


2236mにある白根御池小屋を目指して


歩きます!!



f0193680_202266.jpg





吊り橋から見える川です↓




f0193680_2024658.jpg





だんだん登山っぽくなってきました↓




f0193680_203822.jpg





まだまだ序の口と思っていたら、


うしろの方から声が聞こえました。



「熊だ!!」



えっ何?熊田さんがどうかしたのかな・・・?


「あそこ!あそこ!」



後ろのメンバーが指差すところを見ると


黒い影が!!


本当に熊がいました!!


距離的には50mくらいのところだったでしょうか。


まじか・・・


ナチュラリストにひかれて熊がよって来てしまったか・・・


そんなことを考えながら登っていると・・・



なんとまた右前方の陰から熊がこちらの集団を見ていました!


その距離10m!!!


こんな近くで熊を見たのは、高校時代に修学旅行で行った、

北海道のクマ牧場以来だ!!


しばらくすると熊はそっと逃げていきました!


ふう・・


どうやらナチュラリストのオーラにびびって


逃げて行ったみたいです。


ちなみに熊の写真は撮るの忘れていました。。。



気を取り直してまたしばらく登り続けます。



f0193680_2035184.jpg




途中で雷雲に巻き込まれ雨に降られました。


雷がいつもなら上でなっているのが聞こえるのですが、


標高が高いだけあって、雷が横やすぐ頭上でなっているのが


分かります。



北岳の神がナチュラリストを試しているんだ・・

「汝はなぜ我を制そうとする・・・」



KoB@「ガイアを感じる為だ!」




そう答えると目の前に


一日目に宿泊する白根御池小屋が現れました。




f0193680_2041999.jpg





気づくと空は青く戻っていました。




f0193680_205468.jpg





宿泊する部屋は10畳ぐらいのところで12人で並んで寝ます。


夕方六時には夕食です!!


食事はこんな感じでした↓



f0193680_2052470.jpg





お腹もいっぱいになりましたが、


やることがない、、、


携帯も圏外、そとは雨が降ったりやんだりしてるから


そとにも出られない、、


うーん寝るしかない、、


ということで一日目は7時には寝ましたw




そんなこんなで一日目は終了!



第一部はここで終了です!




次回の更新は明日、



第二部 [肩の小屋を目指して!] をお送りします!


こうご期待!!
by HairDressingZele | 2015-08-11 20:07 | KoB@の登山日記 | Comments(0)

陣馬山再び・・・

みなさんこんにちは!

ナチュラリストKoB@です!

今年の第2弾登山行ってまいりました♪

今回の登山企画はこちら!


~陣馬山縦走リベンジ!

   ナチュラリストとM氏の試練~


前々回のブログで去年挑戦した

陣馬山~高尾山への縦走を紹介しましたが、

今年もやってきました!


今回は単独ではなく、M氏も一緒に

夏のアルプスに向けたトレーニングも

かねて縦走してきました♪


このブログも出来るだけ短くしたので

ご安心下さいw


朝4時に起床し5時の東西線に乗り出発です!

高尾駅でM氏と合流し

8時15分に陣馬高原下に到着しました!

去年行ったときは、バスから降りた人は

自分を含めて3人だけだったのに

今回は10人くらいいました!

心強いw


まずは和田峠を目指して舗装された

いろは坂のような坂を上って行きます!

意外とここが一番つらいw

今回は曇りですが、前回のように霧が

かかってなく、とても登りやすい天候でした!


9時45分に和田峠に到着しました↓


f0193680_22314287.jpg



今回は売店やってましたよw

でもピンバッジは無し、と。

ここから陣馬山の山頂にアタックします。

途中で景色を撮るM氏↓


f0193680_22323332.jpg



今回は水も食料もちゃんと持ってきましたが、

問題がKoB@を襲いました。

登山靴、母親のやつを朝焦って履いてきて

しまったのです。。w

似てるんで間違えてしまいました。

靴が小さくて、靴擦れは出来るし

つま先の小指は痛いしで

これから先その痛みに耐えながら

縦走をすることになります。。。w


こういう階段があるととても靴擦れが

痛いです↓


f0193680_2233755.jpg





ここから高尾山口までは15Kmあります。

全行程距離19Kmです。



f0193680_22334661.jpg




すでに4Km歩いたことになります。

足持つかな・・w




足の痛みに耐えながら登ると

あいつが現れました↓


f0193680_22342965.jpg




そして10時ちょうどに陣馬山山頂に

到着しました!!


f0193680_22354512.jpg



お決まりのEdobeを持っての

記念写真です↓



f0193680_2236996.jpg




今回は景色が少し見えていて

写真じゃ分かりにくいですが

まずまず綺麗でした!!


去年はガスで10m先の視界もあまり良くなかった

ので分からなかったんですが

こんな感じだったんですねw



f0193680_22364128.jpg




少し休憩をして次は景信山を目指します!

途中でこんな看板を見つけました↓



f0193680_2237248.jpg




僕もこの名言使わせてもらいますw


11時01分に中間地点の明王峠に着きました↓



f0193680_22374789.jpg




そしてそのまま歩き続け

12時に景信山山頂に到着しました↓



f0193680_22385541.jpg




今回はこちらも景色が綺麗でした↓



f0193680_22383845.jpg




ここでまったりしすぎてしまい、

13時に高尾山に向けて出発です↓



f0193680_22392029.jpg




途中トレイルランニングをしている

女性の方に写真をとってもらい

少しお話をすると、どうやら

こんど青森の八甲田山の大会に出るそう

そして100Kmのウルトラマラソンに

挑戦するそうです(驚)

その事前トレーニングで、

高尾山から小仏城山までの往復ランニングの

トレーニングをしているそうです。

頑張って下さい!!



そして14時42分に高尾山山頂に到着しました↓



f0193680_22394479.jpg




お決まりのカレーを食べてこれから下山です↓



f0193680_2240629.jpg





高尾山口駅に着いたのは16時半

今回の全行程距離19Km

景信山でのんびりしすぎたので

朝8時半から登り始め

約8時間の縦走登山でした!

今回の訓練で学んだ事、

靴はやっぱり自分に合った靴を!!

そして荷物は出来るだけ軽く!!

KoB@とM氏はつくづくそう

実感しました・・w

カメラが重かった。。


次回をお楽しみに!!!
by HairDressingZele | 2015-07-23 22:40 | KoB@の登山日記 | Comments(3)

みなさんこんにちは♪

前回の陣馬山~高尾山のブログで

荒々しい男からナチュラリスト

昇格した一之江店店長のKoB@です。

前回のブログ、長すぎとの大反響を頂きましたw

ありがとうございました。

そしてすいません・・・

なので今回は短くまとめましたので

最後まで読んでくださいw




2017年の6月に今年一発目の登山に

行ってきました!

今回から仲間が増えて二人になりました!

新しい仲間のM氏は初登山デビューになりました!

なので今回は綺麗な景色を見てもらう為に

筑波山に車で行ってきました!


朝七時に車で迎えに行き、9時半に到着!

さあ、登山の開始です。

ちなみにM氏は顔出しNGとのことなので

今回の写真には出ていません。

しかし今回は頂上である目的があるので

それはあとでのお楽しみに。


さあ始めましょう!

この鳥居をくぐれば登山開始です。

時間は9時29分です↓


f0193680_2324385.jpg



去年行った時もなかなか登りがきつかったですが、

今回もキツイですw


f0193680_23251888.jpg



リフト用の線路があります↓


f0193680_23244473.jpg



ここの登りは下から見ると、げんなりしますw↓


f0193680_23261863.jpg



後700Mです↓


f0193680_23265742.jpg



そして10時30分に御幸ヶ原に到着しました↓


f0193680_2328432.jpg



茶屋で休憩しているとすごい方がおられました!

名もしらない年配の方ですが、海外で活躍されている

方だそうです。


f0193680_232919100.jpg



フェラーリで筑波山まで来たみたいで、

いろいろな面白いお話を聞かせていただきました。

ありがとうございました!


ここから次は女体山を目指します!

11時42分に女体山山頂に着きました↓


f0193680_23295832.jpg



相変わらず人が多いですね!

小学生3年生の子達が遠足で来ていました。


小学生「お兄さん達、サングラスかけてるけど

もしかして、芸能人?!」

と言われ、

KoB@「ナチュラリストだよw」

と答えました♪

そしたら「え~何それ!」

と突っ込まれましたw


そしてこの景色に再びお目にかかること

が出来ました↓


f0193680_23311264.jpg



f0193680_23314426.jpg



f0193680_23321557.jpg



f0193680_23324026.jpg




ナチュラリストっぽくなかったですか?w

えっ?何?

ナチュラリストじゃなくてナルシストだって??

山に登って景色を見たら、きっとみんな

背景と自分を一緒に撮りたくなるもんですよw



そして最初に言った目的を成し遂げました!


f0193680_23351145.jpg



名付けて

江戸川ヘアースタイリスト・アウトドア・サークル

略してEdobe♪

M氏のどうせやるならサークル作って

旗も作ろうとの提案で出来たサークルですw


この旗結構高いです・・w

M氏さんありがとうございます。


そんなこんなでナチュラリストKoB@は

新しい仲間、M氏とこれから数々の山に挑戦します。

こうご期待!!
by HairDressingZele | 2015-06-16 23:36 | KoB@の登山日記 | Comments(0)

全国のKoB@ファンの皆様こんにちは!

荒々しい男こと、一之江店長のKoB@です!

今回の企画は、、


荒々しい男、山々を越える!

     ~越えた先に見えたもの~



です!

(ちなみにこれを決行したのは2014年8月26日のことです。

なかなかブログにアップできずにいました。。)


さかのぼる事3年前、2011年9月

高尾山山頂に到達した、

当時、普通の男KoB@は

高尾山というボスを到達し倒した喜びのあと、

ふと一つの看板に気づきました。


b0165226_23341929.jpg



なに・・・奥高尾・・・

なんだそれは・・・

ゲームでいうと本当の裏ボス的な

もっとすごいやつがこの先にいるのか・・・

でも、今の自分のレベルと装備、

そして普通の男KoB@という称号では

すぐ全滅してしまうな・・(パーティーは1人ですが)

ここはもっとレベルが上がって

装備も整えてから挑むのが妥当か・・


そう考えてその日は高尾山を後にしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


それから三年の月日が経ち、

先日筑波山から、荒々しい男KoB@

という称号をもらい、

とうとうその日がやってきました。

どうやら高尾の奥には景信山(かげのぶやま)という

727mのボスと

陣馬山(じんばさん)という

857mのところに白馬の大ボスがいるようなのです。

高尾山は599mなので、小ボスだったのです。

今の自分なら全部まとめて制覇できる、

そう思いました。


決行の日、前日・・・

天気予報を見ると、

3時までは曇り、その後は0.2㎜の雨

そう出ていました。

延期にするかどうするべきか、悩みました。

しかし結論は・・


高尾山から挑むのではなく、

直接陣馬山を下から攻め、

天気の様子を見ながら、そのまま景信山も

攻め、そのまま高尾山まで抜けよう・・


そういう結論に達しました。

幸い、エスケープルートは随所にあるので

いざとなったら下山して脱出出来るからです。


タイムリミットは午後3時・・・


それまでに山を下りなければ、

というプレッシャーを感じながら

その日の朝を迎えました。


時計は朝4時を指していました。

むくっと起き上がり支度を終えると

5時22分の東西線という馬(電車)に飛び乗りました。

高尾駅に着いたのは7時20分、

そこから陣馬高原下行きという馬(バス)

に乗り換え8時14分に陣馬高原下に到着しました。


b0165226_23354092.jpg



気づいたら馬(バス)に乗っているのは

自分を含めて3人、

乗ったときは結構満員だったのに

寝ているうちにこんなに空いていました。


馬(バス)の運転手は

あたかも降下部隊の隊長のごとく

僕らに無情にも語りかけました。


終点、陣馬高原下です。

お降りください。


まるで余韻もなしで、降下の命令をされている

兵士の気分でした。

馬(バス)を下りてみると、

周りはまだしーんとしていました。


b0165226_23363255.jpg



きっと大ボスの影響だ・・・

そう確信しました。


ここで今回の戦略マップをお見せします。


b0165226_2337715.jpg



地図でお見せするとこんな感じです。


b0165226_23372686.jpg



スタート地点からゴールまで

歩行距離は19キロ

長い道のりです。


まずは陣馬山を目指します。

陣馬山の登山口に入る前に

和田峠という峠を登って行かなくては

いけません。


馬(バス)から降りると

すぐ案内板がありました。


b0165226_23381428.jpg



まずは陣馬街道を歩き

和田峠に入るようです。


b0165226_23385443.jpg



すぐに陣馬街道に入る分岐点が

ありました。


b0165226_23392838.jpg



ここを右です。

始めは民家の間を歩いて行く

感じです。


b0165226_23401011.jpg



だんだんと民家も

少なくなります。


b0165226_2340517.jpg



道のすぐ横に沢が流れています。


b0165226_23413244.jpg



気づくと周りはガスに包まれた森に囲まれています。


b0165226_23421059.jpg



和田峠にもいつの間にか侵入していました。

そのガスは荒々しい男の侵入を拒むかのごとく

立ちはだかります。


b0165226_2343353.jpg



前が見えませんw

だんだんと体力を奪われていきます。

早くもストックの出番です。

果てしなく続く峠をジグザグに登って行きます。


もう駄目だ・・・

キツイ・・・


そう思った時、前から車が下って来て、おもむろに窓を開けて

男の人が声をかけてきました。


「和田峠までもう少しなんで頑張ってください!」



なんていい人なんだ!

天使の声だ!

山の神は私を見捨てていなかった。

そう思いました。


気力が出てきて勢いが戻ってきました!

ありがとう!おじ様!必ず登ってみせるよ!

そう、おじ様に誓い歩き続けました。

・・・・・・・


しかし、もう少しという割には

もう30分は歩いてる・・

騙されたのか・・・w


その後20分ぐらいでやっと和田峠に着きました!!


b0165226_23441131.jpg



時間は9時04分。

あのオジサンは車を使ってるからもう少しって思ったんだろう・・

自分は徒歩だよ、車と徒歩じゃ、距離の価値観が違うんだよ。

そう、もうここにはいない

おじ様突っ込みましたw


さあ、山小屋で飲み物を買おう!!

っと思ったら、、


b0165226_2345446.jpg



休みです、、、(泣)


自分500㎜の水一本しか持ってきてないよ、、

だって山小屋やってると思ったんだもん!


まあ嘆いていても仕方がない、、

看板には陣馬山まで700mとなっています。


b0165226_2346077.jpg



さあいくか!

とここで陣馬山の神から選択を迫られました。


陣馬山直登コース(階段)20分


b0165226_23465968.jpg



陣馬山平坦コース 30分


b0165226_23473783.jpg



汝はどちらを選ぶ・・・


選択なさい・・



俺を誰だと思っている!!


俺は荒々しい男KoB@だ!!



と陣馬山の神に言い放ち、平坦コースを選びました。


www


違うよ、平坦コースの方が長く歩くから、

そっちの方がキツイし

荒々しい男にふさわしいと

思ったのですw


そして霧の中の森を淡々と歩いて行きます。


b0165226_23523724.jpg



b0165226_23542317.jpg



時々、分岐点などもありますが

落ち着いて進みます。


b0165226_23532687.jpg



しばらくすると先に開けた頂上が見えてきます!!


b0165226_235541.jpg



やった・・!

これで頂上の山小屋で水とピンバッチが

買える!!

ピンバッチは登った証だから!!


b0165226_2356972.jpg



ちーん・・・


陣馬山の山小屋も閉まってる・・・


なぜだーー!!


俺には水分がない!!


ピンバッチが欲しい!!


そう叫びました。


しかし嘆いても仕方がない、俺は荒々しい男なのだ。

大ボスをまずは倒そう。。

山小屋を通り過ぎしばらく行くと

霧の中から現れてきました。


b0165226_23565437.jpg



高尾の裏ボス、陣馬さんが現れた!


b0165226_23573648.jpg



なんて白々しいんだ!

これは馬か!?


なんとか陣馬さんに勝ち、勝った証を撮りました。

b0165226_23582673.jpg


9時34分、

標高857m、陣馬山山頂にKoB@は登頂しました。


b0165226_2359097.jpg



しかしここからが本番です。

ここから次に目指すのは明王峠。


b0165226_23594257.jpg



距離にして1.8km、

景信山までは5.6kmの距離です。


b0165226_003148.jpg



いくつかの峠と山頂を縦走して

高尾山まで目指します。

水が無いことが心配ですが・・


そんな心配を振り払い、

明王峠を目指して霧の中の

尾根を歩いて行きます。


b0165226_011519.jpg



しかし喉が渇いた、、

でも水が無い・・・

どうしたらいいんだ・・


b0165226_021320.jpg



絶体絶命の時、

陣馬山の神から言葉を頂きました。



汝、我を飲め。


そうか、わかったぞ!


と言い、思いっきり口で息を吸いました。


b0165226_02568.jpg



この霧が口の中で水分になって喉を潤したのです。

これは荒々しい男にしか出来ない荒業、

良い子は真似をしないでね!


喉を潤したとき足元に仲間を見つけました!


b0165226_034237.jpg



「キノコさん、こんにちは!荒々しい男ですよ!」


キノコと別れを告げると

小雨が降ってきました。

足元も湿ってきています。


b0165226_043133.jpg



蜘蛛の巣が雨に濡れて綺麗です。


b0165226_05311.jpg



ここで看板、

明王峠まで400m


b0165226_054170.jpg



深い霧を歩き続けます。


b0165226_061224.jpg



そしてとうとう着きました!

10時21分、明王峠738m


b0165226_064619.jpg



小雨に濡れて顔が必死です。

次は景信山を目指します。


b0165226_075757.jpg



あっ!明王峠にも山小屋があった!!


b0165226_084169.jpg



っと思ったら、また休業。。

もう当てにしてませんから大丈夫です。

とりあえず進みます。

景信山まで3.3km・・・


b0165226_094481.jpg



無言で進みます。(一人で叫んでたらおかしいですから)


b0165226_0104328.jpg



途中はガスがかかっていて視界があまりよくありません。


b0165226_011985.jpg



b0165226_0113955.jpg



ここで標識を見つけました。


b0165226_0121327.jpg



高尾山まで11.8km・・・

まだ半分も来ていません。。


現在地はこんなところ↓


b0165226_013932.jpg



地図の右下の方が次の目的地である

景信山です。


b0165226_014660.jpg



途中はこういう分かれ道もありますが、

これは一応どっちに進んでも大丈夫です。

まき道と書かれていたりします。

ただ間違ってエスケープ路に行かないように

注意深く選択して進んでいきます。


まき道の方を進んでいくとこんなに狭い道

だったりします。


b0165226_0152661.jpg



一応木に巻いてある赤いテープが目印ですが

あまり当てにしてはならないと本で読んだことが

あります。

誰かが何かの自分の目的で結んだものの可能性も

あるからです。


ここでもまた分岐です。


b0165226_0163258.jpg



景信山まで2.3kmまで来ました。

もちろんここでもまき道を選択しました。


30分ほど歩きやっと小屋が見えてきました


b0165226_0171054.jpg



ここでもやっぱり山小屋はやっていませんでした。

奥高尾の山小屋は平日はやってないんでしょうか・・


そしてとうとう山頂に着きました!!

午前11時32分、景信山727m!


b0165226_0175933.jpg



顔が険しいですw


さて現在地を地図で見てみましょう!


b0165226_018303.jpg



次は小仏峠を目指します。


b0165226_0191422.jpg



小仏峠まで1.2km・・

景色は見ての通り何も見えません。

通常だったら景色が綺麗なんでしょうね。


しかし標識に高尾山という文字が出るように

なってきました。


b0165226_02023.jpg



再び歩きます。


b0165226_0202859.jpg



そして12時13分、

小仏峠に到着しました!!


b0165226_021438.jpg



相変わらず険しい顔ですねw

案内板には高尾山が見えています。


b0165226_0233048.jpg



もう少しだ!

ここでもう一度地図を見てみます。

現在地はココ↓


b0165226_0241780.jpg



次は小仏城山を目指します。


b0165226_025063.jpg



距離にして0.9km


途中電波塔もありました。


b0165226_0252880.jpg



そして、12時31分。

無事、小仏城山に到着しました!


b0165226_026143.jpg



なんか顔が荒々しいですねw


ここで荒々しい男の前に

中ボスが立ちはだかりました!


b0165226_0263259.jpg



無事和解することが出来て道を譲って

もらいました。

荒々しい男は無駄な争いはしないのですw


ここで案内板で現在地を確認↓


b0165226_0271650.jpg



高尾山までもう少しです。

そして現在地と次の目的地を確認しましょう。


b0165226_028391.jpg



次の目的地は一丁平です。


この辺から綺麗に道がなってきました。


b0165226_02911.jpg



b0165226_0292943.jpg



っと思ったらまた獣道w


なんだかんだで何とか12時49分

一丁平に到着しました。


b0165226_030183.jpg



もうクライマックスは近づいてきています。

現在地と次の目的地はここです↓


b0165226_0305257.jpg



次の目的地はもみじ台です。


なんか道が高尾山っぽくなってきました。


b0165226_032218.jpg



b0165226_032399.jpg



b0165226_0331032.jpg



b0165226_034158.jpg



b0165226_0345270.jpg




最後のこの階段はしんどかった・・・w


そして13時13分、もみじ台に到着しました!


b0165226_0354182.jpg



やっぱり山小屋は・・・w

山小屋は無視して現在地と次の目的地の確認↓


b0165226_0362275.jpg



次は、、、


高尾山山頂です!!

もう看板も高尾山の標識です。


b0165226_0365094.jpg



この階段を登れば高尾山です↓


b0165226_0371439.jpg



っとここで看板を発見↓


b0165226_0374659.jpg



陣馬山まで約5時間、ゆとりをもって一日の行程です。


だってさ!

僕は4時間30分で陣馬山からここまで来ました。

まあ大体合ってますね。


そしてとうとう人影が見えてきました!

そして小さな子供達の声も・・・


b0165226_0383526.jpg



そして念願の、、

14時ちょうど、高尾山山頂に到着しました!!!

おめでとう☆


b0165226_039387.jpg



高尾山に着いて一番先にしたことは・・・↓


b0165226_0392221.jpg



水分補給ですww

和田峠から約5時間水分を取らずに歩き続けたんです。

本当に美味かった!!!


地図を見れば陣馬山が懐かしく思います↓


b0165226_0394723.jpg



喉が潤うと次に食欲ですw

高尾山の山小屋は営業してました!!

登山と言ったらこれでしょw  ↓


b0165226_0402092.jpg



エネルギー補給もしたことですし、

これから下山します!

しかし登山は下山の時に怪我を

することが多いのです。

気の緩みから足を踏み外したりすることが

あるみたいです。

今の自分にとって高尾山ならなおさらです。


前回高尾山に来たときは稲荷山コースから

登りましたので、今回はまだ一度も通った

ことのない6号路から降ります。


b0165226_0413919.jpg



6号路は沢沿いを下っていくコースです。


b0165226_042286.jpg



さあ家に帰るまでが登山です。

ゆっくりと降りていきます。


b0165226_0423143.jpg



途中こんなカラスの豆知識がw ↓


b0165226_0425931.jpg



カラスの豆知識に書いてあったQの答え、

降りてきちゃったので分かりません。

気になるw


b0165226_0444130.jpg



ところで高尾山の緑ってこんなに

綺麗なんですね↓


b0165226_04551.jpg



b0165226_0453045.jpg



だんだんと沢が見えてきました↓


b0165226_0461219.jpg



b0165226_0464315.jpg



この沢の飛び石にそって歩いて行きます↓


b0165226_0471279.jpg



さあここからしばらく高尾山の自然を

ご覧ください↓


b0165226_0475286.jpg


b0165226_0481741.jpg


b0165226_0484743.jpg


b0165226_049199.jpg


b0165226_0494336.jpg


b0165226_050335.jpg


b0165226_0503438.jpg


b0165226_0512082.jpg



ここで高尾山の神から荒々しい男にメッセージが

ありました↓


b0165226_0514454.jpg



荒々しい男KoB@はこの言葉を頂き、

高尾の神からナチュラリストKoB@の

称号を頂きました!


そしてだんだんと人工物が目立つようになり


b0165226_0522356.jpg


b0165226_0524633.jpg



なんとか着きました!!


b0165226_0532931.jpg


b0165226_0535283.jpg


b0165226_0541116.jpg



15時17分、高尾山駅到着です!!


b0165226_0543726.jpg



長かった・・・w

8時17分陣馬高原下バス停から歩き始め

かれこれ7時間・・・

長い旅でした!!


しかしこの初縦走はとても楽しかったです。

これで晴れていたらもっと

楽しかったんでしょうが。


みなさんも長い時間このブログを読んで

頂き誠にありがとうございました。

次回をお楽しみにどうぞw


まとめ↓

初めて奥高尾縦走する方の時間目安

にどうぞ!

あと飲み物は山小屋を当てにせず

しっかりと準備してから登りましょう・・・w



8時17分・陣馬高原下バス停 到着

9時4分・和田峠 到着

9時34分・陣馬山山頂 到着

10時21分・明王峠 到着

11時32分・景信山山頂 到着

12時13分・小仏峠 到着

12時31分・小仏城山 到着

12時49分・一丁平 到着

13時13分・もみじ台 到着

14時00分・高尾山山頂 到着

15時17分・高尾山口駅 到着
by HairDressingZele | 2015-06-10 01:02 | KoB@の登山日記 | Comments(0)

筑波山登頂成功!!

こんにちは!こんばんは!

一之江店店長こと、KoB@です♪


本当は今日はブログの更新の番ではなかった

のですが、昨日のことをどうしても

報告したかったので、ブログを書かせて

もらいます。


内容は、、、



おひとり様企画!!



目指せ!筑波山山頂!!

~荒々しい男になる為に~



8月某日、KoB@は考えていました。

今年も何かに挑戦しよう。。

毎年一つは何かに挑戦して自分が成長

することを目標にしている自分は

今年も何かにTRYしようと考えていました。


昨年はマラソンに挑戦していました。

目指すは家から80キロ離れた、筑波山まで

走って行くという挑戦でした。

しかし挑戦一ヶ月前にトレーニング中に膝を

痛めて断念、、

最高距離30キロが限界でした。



そして今年はどうしようと考えていたとき、

思いました。

筑波山に今度こそ登りたい、、

頂上からガイア(地球)の息吹を感じて

パワーをもらいたい。。

そして荒々しい男になりたい。。

そう思い、来る8月19日(火)に挑戦しよう。

そう決断しました。


登山は三回目。

初登山、2011年9月 富士登山登頂成功!

f0193680_1050576.jpg


同じく2011年9月 高尾山登頂成功。

f0193680_10522755.jpg


初登山で山の魅力にとりつかれたKoB@でしたが

高尾山を登頂してから、しばらくブランクが

続いていました。


だから今年は筑波山にいって山からガイアから

パワーを貰おうと考えました。



まず準備物、

f0193680_10525962.jpg


もちろん、折り畳み傘とレインウェアもザックに入ってます。

登山靴もOK!

準備は万端です!


朝5時に起床

6時に地元行徳を出発!

北千住からつくばエクスプレスで筑波駅に

8時に到着。

f0193680_10525550.jpg


それから筑波山行きシャトルバスで

8時50分に筑波山登山口がある

筑波山神社に到着しました。

f0193680_1053342.jpg



それでは今日のルートをご説明しましょう♪


f0193680_10543758.jpg



スタートから御幸ヶ原(みゆきがはら)コース

を登って行きます。向かって地図上では青い道です。

予定タイムは90分。

ゴールの御幸ヶ原には休憩所があります。

この御幸ヶ原は下からケーブルカーも

通っており、楽にここまで来ることも可能です。


そこから男体山山頂(871m)と

女体山山頂(877m)の二つのピークに

分かれています。

そのふたつの山頂を経て

白雲橋コース(予定タイム1時間)で

下山というルートで挑戦します。

地図上では向かって左のオレンジ色の道です。


まずは、筑波山神社でご挨拶。

無事に登れますように。。


さぁ、この鳥居をくぐれば出発です!

f0193680_105513.jpg


コースも間違いない。

f0193680_11493271.jpg


しばらく行くと、筑波山から

誘惑という試練を与えられますw

f0193680_112135.jpg


さぁ、あなたはどちらを選びますか・・?

楽な道か、、

いばらの道か、、

選択なさい・・・



もちろん、いばらの道だ!

俺を誰だと思っている!

俺は荒々しい男だ!


そう筑波山に伝え、


左のケーブルカー・・




・・ではなく右のいばらの道

を進みましたw

ここからはまるでもののけ姫に出てきそうな

風景が続きます。

f0193680_113269.jpg


f0193680_113412.jpg


f0193680_114644.jpg


そんな筑波山ですが

次第に山は荒々しい男に

その牙を剥いてきます。

f0193680_1152736.jpg


高尾山と違って岩が多く、

場所によってはよじ登るような

ところもありました。

次第に筑波山は荒々しい男の体力を奪い、

持ってきた水分もなくなり、

早く登らないと熱中症になってしまう・・

そんな恐怖にさいなまれました。

時計に出ている高度計は750mを指しています。

もう少し、あと少し、と

残りの気力を振り絞りました。

あとちょっとというとき目の前に

そんな気力を奪う光景が伸びていました。

f0193680_1145529.jpg


写真ではわからないと思いますが、

この階段、上りやすそうですが、

だんだんと傾斜がきつくなり、

それが遥か彼方まで続いてます。

遥か先まで階段が続いているのが

見えるからこそきついんです。

膝も岩によって疲労で笑っているところに

この階段はきついです。

最後の気力を振り絞りました。



=もう一段飛ばしをする体力はないけど、

一歩一歩ゆっくりでも前に進めば、

目指すところに必ず辿り着ける=


そう自分に言い聞かせて進みました。


そして予定タイムより早い65分で

御幸ヶ原に辿り着きました♪


f0193680_1163619.jpg


f0193680_1171447.jpg



景色が本当に綺麗でした!


ここで、茶屋で恒例のアレを頂きましたw


f0193680_1174843.jpg



本当に美味しかった。。。(泣)


一之江店の茨城出身の篠崎さんから

聞いていたのですが

回転するレストランも実際にありました。


f0193680_117452.jpg



コマ展望台

今日は回っていませんでしたが、コマのように

回転するからコマ展望台なのでしょう。

ここで昼食をとりました。

もちろんカツカレー!


f0193680_11941.jpg



食べ終わった後ですいませんw

お腹空いていて、食べることに夢中で

食べる前の写真撮るの忘れていましたw

食べ終わったら屋上に出て

景色を眺めてみました。


f0193680_1193332.jpg


f0193680_1195752.jpg


ここで一時間ぐらい休憩したあと

出発です。


f0193680_11111589.jpg



男体山山頂と女体山山頂への分岐が左右で

分かれています。

コマ展望台を背に左に行けば男体山

右に行けば女体山です。

まずは男体山にチャレンジ!


f0193680_11113399.jpg



始まって早々、これかよ・・


本当にきつい、

そんなことを思っていると

前からファミリーが降りてきました。

よく見ると小さな子が・・


f0193680_11121382.jpg



あんな小さな子も、自分より大きいかもしれない

この岩場を登ったのか・・

そう思ったら、荒々しい男に火が付きました。



よじ登りよじ登り、していると

途中で植物を発見!


f0193680_11131518.jpg



しおれかかっていますが、どうやら

カタクリという花みたいです。

違っていたらすいません。

しばらく進むと分岐がありました。


f0193680_11125214.jpg



右に行くともうすぐ男体山山頂です。

左はなんも標識も出ていなかったので、

順路通りに右に行きました。

でも左の道は階段もあり気になるなー。。

右の道を5分ほど進むと到着しました!!


f0193680_11133217.jpg



男体山山頂871m!


記念に自分撮りでパシャリ。


f0193680_11135363.jpg



山頂には小さな神社がありました。

しかも神主さんのような方もいました。

そして来た道を戻ります。

じつはこの男体山、中腹をぐるっと一周回る

自然研究路コースもあるのです。

どうせなら一周しようと思い

その周回コースの入り口に入る為にしばらく

戻ります。

さあ自然研究路コースに戻りしばらく歩き

始めました。

途中木をくぐるところも。。


f0193680_11142681.jpg



っとここでアクシデント!


f0193680_11145621.jpg



通行止め。。。


そういえば案内板に自然研究路は

一部通行止めと書いてあったっけ。

どうやら土砂崩れがあったみたいです。

土砂崩れの先に本来の道と階段が続いています。

諦めていると右に迂回路がありました。

なんだ、行けるじゃん!

さすが男体山さん!あなたも荒々しいですね!

そう言いしばらく歩くと見覚えのある

光景が。。。


f0193680_11154935.jpg



これさっきも来た分岐だ、

右が男体山山頂、左が分からない道だ。

これも男体山の導きだ、どうしても僕を

左の道に行かせたいみたいだな。。

そう受け止めた荒々しい男は左の道を

進みました。

道はだんだん狭くなっていき

細い岩場の道を登ると

そこには思わぬ光景が広がっていました!!


f0193680_11163566.jpg



切り立った岩場から眺められるこの光景!!

とても狭い切り立った岩場です。

年配の方が先に1人いました。

感じ的には、ここはこの方の隠れ家的のような

場所なのでしょうか。

この秘密の場所の主のような雰囲気を

かもしだしています。


男体山からの導きで思わぬ光景と出会えた

荒々しい男は、また御幸ヶ原に戻りました。


f0193680_1117671.jpg



ちょうどそこにケーブルカーも到着していました。


f0193680_11173839.jpg



さあいよいよ、女体山山頂にアタックです!


f0193680_1119021.jpg



女体山山頂が本当のピークで877mです。

そして今回目的とする景色も女体山山頂に

あります!

みなさんも絶対あの景色を見たら感動しますよw

それを皆さんにお見せするということも

荒々しい男の使命だと思っています♪


道の途中お友達と出会いました!


f0193680_11193361.jpg



「トカゲさん♪こんにちは!

荒々しい男ですよ」



さらに道を進むと奇石の一つ

ガマ石がありました。


f0193680_11202164.jpg



ガマの油はこれからきてるのかな・・

口をあけた岩がガマに似ていることから

ガマ石と名付けられ、

この口の中に石を投げいれると

良い事があるとか・・

もちろん入れてきました。


そして分岐点、


f0193680_1122011.jpg



右に行けば女体山山頂です。


f0193680_11215179.jpg



最後の岩場を登って行くと

山頂の標識が見えてきました!!


f0193680_11222472.jpg



そして目的としてきた景色が

目の前に広がっていました(泣)





f0193680_1123069.jpg








この切り立った岩場から眺められるこの景色

本当に感動します。


f0193680_11295459.jpg



日本じゃないみたいです。


f0193680_11253892.jpg



下にはケーブルカーも見えます。


f0193680_112731.jpg



さっきまでいた御幸ヶ原があんなに

小さく見えます↓↓


f0193680_1127761.jpg



ここで記念写真!

近くに1人で来ていた年配の男性の方に

お願いして撮ってもらいました。


f0193680_11275581.jpg



この岩場、そんなに広くもなく

柵も無いので注意しましょう。

どんだけ高いかというと

こんな感じ↓


f0193680_1128897.jpg



・・と、ここでまたお友達を発見!!



f0193680_11275465.jpg




「キアゲハさん!こんにちは!

 荒々しい男ですよ~!」



この絶景忘れられません。



皆さんパノラマでどうぞ↓↓





f0193680_1129635.jpg





一時間ほどここに居座り

ガイア(地球)の意思を感じていました。


ガイアは人間の味方でも何の味方でもなく

ただそこに存在していて

万物を創造しつづけている。

僕らはそこに住まわせてもらっていて

生かされているという事。

そんな自然とガイアに感謝しながら

ここを後にしました。





さあここから筑波山神社を目指して下山です。

白雲橋コースは最初かなりの急な岩場があり

しかも足場の岩も滑りやすい為

気を付けなければ滑落しそうです。

手袋をして岩場や鎖をつかまりながら

慎重に降りていきます。


f0193680_11315971.jpg



無事下山出来るまでが登山です!

実は下りの方が登山は危険なのです。

気を抜かないようにします。


実はこの白雲橋コースは

とても見どころの奇石がたくさんあります。

まずはこちらの北斗岩↓


f0193680_1132446.jpg



この中をくぐっていきます。

つづいてこれ、

母の胎内くぐり↓


f0193680_1133775.jpg



そして一番凄かった、弁慶七戻り↓



f0193680_11335072.jpg




これは岩が落ちそうで、あの弁慶も

七戻りしたと言われている岩です。

弁慶ですらビビった、この岩の下を

荒々しい男はいとも簡単に

くぐっていきます。




f0193680_11343096.jpg




まだたくさんありましたが、

急斜面の岩場があり、気を抜けなかった

ので写真を撮らなかったところも

あります。


f0193680_1135351.jpg




ここで分岐がありました。



f0193680_11352677.jpg




さすがに疲れが溜まって来ていました。

もちろんこの道は右です。



f0193680_11364844.jpg




さすがに下りの方が足に負担がかかり

左ひざが悲鳴をあげていました。

登りよりきついかも、、

しっかりと足場を選定して進まないと

足を岩場にとられるので集中して

降りていきます。


f0193680_1138032.jpg



でも自然はとても綺麗です。


f0193680_11375170.jpg






一時間ほど下り、

やっと見えてきました。

出口の鳥居!!



f0193680_11381512.jpg



f0193680_11395941.jpg





やったー無事下山しました!!


f0193680_11392992.jpg



時間は午後3時。


9時から登り始めて約6時間の旅でした。


筑波山神社で再び今日のお礼を言って

帰路につきました♪



いかがでしたか?


みなさんも筑波山に行きたくなりませんか?


もしくは行った気になれませんでしたか?


今後も一之江店店長KoB@こと


荒々しい男は様々な山に行く予定です!!


こうご期待下さい♪♪


= 追伸、去年家から筑波山山頂まで、
    走って行かなくて良かったです・・・無理ですw =

by HairDressingZele | 2014-08-20 12:50 | KoB@の登山日記 | Comments(0)

こんにちは!こんばんわ!


一之江店店長KoB@です♪


何々?最近KoB@のブログの登場回数が増えてるって??


気にしないでください!!


書きたいことがあるから書くのです!


今日は僕はお休み☆


っということで高尾山に行ってきました!!


1人で(どやっ!!)


っとちょっと美白番長クマガイのまねをしてみました!!


ではKoB@の写真と一緒に登りましょう!!


まず高尾山口駅↓


f0193680_20195662.jpg



近くのお土産屋↓


f0193680_20202910.jpg



小川のせせらぎ↓


f0193680_20225715.jpg



リフトです!!頂上付近まで行けちゃう、非常に便利な乗り物・・・↓


f0193680_20221154.jpg



高尾山には全部で7コースほどあります。


すべてのコースが一本道ではなく、ところどころ交わったり、分岐したりしています!


自分は今日、高尾山の中でもちょっと一番きつい稲荷山コースを選択しました。


f0193680_2031279.jpg



昔、高校の湯浅先生に、


「小林君はいつでも楽の道を選ばず、大変な道を選びなさい」


と言われたのがまだ心に残っているからです。


ってなわけで登り始めました!!


f0193680_20315662.jpg



舗装がされていなくて、本当に山道っぽいです!(ってか山道ですね)


f0193680_2033322.jpg



しばらくいくと休憩所があり下界が見えました!


f0193680_20334643.jpg



そしてまた登り始めます。


f0193680_20341487.jpg



そしてついに!!


着きました☆


599メートル 高尾山です!!


時間的に1時間15分ぐらいで登りました☆


階段がキツカッタ・・・



f0193680_20365222.jpg





登頂の証拠写真です↓↓



橋本さん!合成ではありませんよ(笑)



f0193680_2175100.jpg




f0193680_20385410.jpg




f0193680_2039246.jpg




山頂で40分ぐらいゆっくりして、昼食をとりました☆



昼食はもちろんカレー!!



富士山のときと同じです!



山頂で食べるカレーは値段も高いけどお味も抜群です☆


あとは下りながら緑を堪能して写真を撮っていきました♪


f0193680_20422078.jpg



ちなみに下りはまず、吊り橋がある4号路を通り、1号路を降ります。


そのチョイスをした理由はまず、これ↓ 吊り橋です!



f0193680_2044665.jpg




4号路を降りると1号路と交わるので、ここで1号路に乗り換え!


っとその前に神社が良い感じに写りました!


シャインですね!!


f0193680_20463265.jpg




でもう少し下ると、1号路の見どころの一つ


タコ杉があります★↓


説明は写真を見てください!



f0193680_2048264.jpg




f0193680_20502090.jpg




観光客が増えて、根っこの付近を靴が通るので泥にいる細菌によって病気に


かかってるそうです。


フェンスで囲まれてたので見にくくてすいません(;一_一)


このあとはまた自然を堪能して無事下山できました☆


f0193680_2054829.jpg



f0193680_20561662.jpg



f0193680_20543034.jpg




みなさん登山は楽しいですがマナーも一緒に携帯しましょう!!


ゴミは自分で持ち帰る!!


ストックの保護キャップはつける!(場所によりますが)


すれ違う人にあいさつなどなど☆



登山って、本当に楽しいですね!!



以上KoB@でした☆
by HairDressingZele | 2011-09-15 20:58 | KoB@の登山日記 | Comments(0)